ジャンベ太鼓・縄文太鼓演奏家 茂呂 剛伸

moro_goushin_shi

北の縄文道民会議の設立を心よりお喜び申し上げます。
私達の流派では『縄文太鼓(縄文土器の複製に北海道ならではのエゾシカの皮を張ったメイド・イン北海道のオリジナルの楽器)』の演奏はもちろん、縄文太鼓の製作の指導、また、演奏家・製作者の育成を進めています。
これらの活動を通して多くの方々に北海道の縄文文化の素晴らしさや魅力を知っていただき、オール北海道での運動を盛り上げていき、北の縄文遺跡群の世界遺産登録の一助となればと思っております。
平成22年から2年連続で青森県三内丸山遺跡での演奏を行い、更に今年は5月18日に陰陽歴60年に一度の『出雲大社の遷宮』に音楽の奉納というかたちで『縄文太鼓』の演奏をする機会に恵まれました。
これらのチャンスを最大限に生かし、北海道から世界に縄文文化を発信し続けて行きたいと思います。
北の縄文遺跡群の世界遺産登録にむけて、全力で応援させて頂きます!

moro shi in otaru

小樽の旧手宮線にて

ジャンベ太鼓・縄文太鼓演奏家 手鼓 太伸世流 宗家
茂呂 剛伸

平成25年3月29日

 

オフィシャルサイト http://www.goshinmoro.com/

道民会議の会員になろう!入会はこちらから
北の縄文 オンラインショップ

ページの先頭へ戻る